本文へスキップ

TEL.029-288-3330

〒311-4311 茨城県東茨城郡城里町増井1319

新刊新刊

 

 

表紙絵・古木 久家二三子

明窓10句

りんりんと鳴り出しさうな烏瓜     蒲生友紀子
小鳥来て尾を振りさうなぬひぐるみ   佐藤 啓子
縄文に弥生に江戸にけふの月      今岡 奎子
紅薔薇に蜂のおぼるる深さあり     小松 道子
威銃谺きりりと佐久平         草野 英子
葱抜いてひやひやと来る川の風     栗原 梅子
極太の伊勢うどんなり豊の秋      小林久美子
きちきちの草の色して草に消ゆ     上瀧 章子
風と共に蜻蛉は去りぬ秋津島      二瀬サエ子
かたまつて華やぎ保つ秋の薔薇     藤田 栄子


さきがけ30 

丈草の如落花生ぼつちかな      成井  侃
悲しみも少しづつ過去とろろ汁    中村  恵
木の葉降るむささび小屋に旅びとに  坂本 京子
冬近し生の温みの兎抱く       岡村 幸子
集合は大きな力秋の薔薇       岩ア 忠敬
棄村後も桑の木太り虫時雨      岡崎 桂子
新品の机に木の香菊日和       小林恵美子
焼栗の弾ける昔話かな        及川茂登子
運動会誰も大事な日本の子      島村ひろ子
山茶花の白を遠目に夫逝けり     鈴木 黎子
秋の蜂なり大きくて黒光り      松本 悦子
凛として立山は聳ち野分あと     姫見 絹子
下野の豊かな大地蛇の衣       谷村 安子
掌に急須の重み無月なる       藤原 三紀
雨蛙葉つぱのやうな顔をせり     秋野 和美


                          蝶よ薔薇よと一日きれいに遊びけり   五十嵐暢子
駅前広場八台の山車揃ふ          北村  栄
叡山も見てゐる葵祭かな          廣瀬 茂雄
大江戸の地図を重ねて舟遊        塚口恵美子
赤子とは丸ごと真つ赤聖五月       渡辺 美代
引つ張りて一気に剥けり蕗の皮      小松崎博子
青茅の輪ぬけて山河を間近にす      鶴見 秀昭
太切りの蕎麦に歯応へ風薫る        小林恵美子
梅雨の家支ふ大黒柱かな          西野たけし
掌中の蛙のやはさ楽しめり           関沢 洋一
巴波川涼しく鯉を育てをり         福井 隆子
青梅のじつくり育つ鎮守さま        小室 淑枝
父の忌や祭囃子の遠くより         菊池百合子
歪なる麦藁の籠少年期            前村 治美
雪渓を真つ正面に嘶けり           伊藤以玖子瀧までは一キロであり鬼やんま   田仲 昌子
白鳥を待つ沼ひそとして平ら    栗原 梅子
秋澄むや色あざやかな加賀毛鉤   奥田 郁子
防人の道まつすぐに鳥渡る     今瀬 一博
雉子のゐる里に住みをり野紺菊   横山  薫
鉄棒のひんやり雁の渡る頃     原   紀
踏み入れて落葉溜りにある温み   谷津 和子
鮮やかに霜降過ぎの薔薇咲けり   蓮井 崇男
白鳥の胸を豊かに向きを変ふ    福井 隆子
茶が咲いて水のゆたかな蔵のまち  藤田 栄子
待ち惚けしたる水草紅葉かな    安田 青葉
海を遥かに神の留守夫の留守    松本 淳子
家ごとに舟ある暮らし鳳仙花    望月 澄子
十五枚の各駅停車銚子行      関沢 洋一
草の絮風より少し先を行く     大谷 幸子

対岸

〒311-4311
茨城県東茨城郡城里町増井1319
TEL 029-288-3330
FAX 029-288-3330