本文へスキップ

TEL.029-288-3330

〒311-4311 茨城県東茨城郡城里町増井1319

新刊新刊

 

 

表紙絵・花水木  久家二三子

明窓10句

氷柱折るぽきりと命投げ出され   岡崎 桂子
雪に挿し冷ますどんどの火掻棒   橋本ひろ子   
しづり雪厩舎の馬を驚かす     野明 昌子
遠吠えに遠吠え応へ流氷期     先崎クニ子
初電車朝日は弾みつつ昇り     佐藤 千珠
臘梅の太き枝ごと貰いけり     市村喜美子
関所跡同じ高さに菰巻かれ     井上 千代
白鳥を呼び戻すにははるかなり   中村  恵
木枯や羊の不安群れをなす     佐々木田三男      
寒椿ぽとりと落ちて母逝けり    福井 史郎     


さきがけ30 

隔たりしままに流れて浮寝鳥      小松 道子
綿虫のふはりと忍び返しかな      高橋 紀子
白鳥に翼流氷にも翼          三浦香都子
寒晴や高さたがへて鳶と鳶       大塚 隼人
引き返す波は空つぽ野水仙       安田 青葉
新線は未来都市へと初電車       塚口恵美子
紙になるまで揺さぶつて冬の水     最東  峰
声太き遠州森の寒鴉          伊藤以玖子
一月の山のそびゆる別れかな      福井 隆子
寒雀野の色となり群れてをり      下田 栄子
風邪気味のそして少々太り気味     椎名  操
逃げられぬ思ひ雪道細くなり      菊地千穂子
北へ北へと枯蓮の空広げ        堤田 博子
初恋は雪焼の人以下省略        北村  栄
寒牡丹紙の擦れ合ふ音聴けり      富田はるみ
  

                            朴落葉がさりと踏みて待ち惚け     倉井 敦子
触れてみて本物ポインセチアなり    岡本 優子
快晴や蜷には見えぬ蜷の道        望月 澄子
すぐそこに白鳥のゐる無人駅      小野寺昭次
明日来る娘夫婦の布団干す       福井 史郎
吊し雛つながつてゐる赤い糸       城間芙美子
隅田川上る旅なり都鳥         今野 昌子
会津より来し風花をまぶしめり     岡崎 桂子
風の日の夕餉雑炊にて終はる       西山美枝子
熟柿食ぶその全身の隙だらけ      佐藤 千珠
ふるさとは雪の中なり枇杷の花     塩沢とき子
銅鏡の曇り映せり風信子        谷村 安子
冬銀河何処かに星の王子さま      安藤 彰子
口笛のやうな鳥声恵方道        大内美津子
春を待つ故郷はいま繭の中       今堀 晴美

対岸

〒311-4311
茨城県東茨城郡城里町増井1319
TEL 029-288-3330
FAX 029-288-3330