本文へスキップ

TEL.029-288-3330

〒311-4311 茨城県東茨城郡城里町増井1319

新刊新刊

 

 

表紙絵・鬼蓮  久家二三子

明窓10句

真つ白な城に声上げ夏帽子          後藤 邦代
こんもりとぞろぞろと梅雨きのこなり     田村 清子
味噌汁の匂ひに目覚め登山小屋        橋本 公子
弟のきつい返球夏休み            大貫 邦子
翡翠の青き残像雨あがり           芽門 里香
地震来て驚いてをり水中花          新井うた子
じやがいもの花にも鹿島灘の風        関沢 洋一
サルビア燃え夕日丸ごと沈みゆく       松本 純子
水に入り青梅さらに青さます         室谷美奈子
湯に浮かぶ嬰の全身薔薇の昼         渡辺 美代


さきがけ30 

はばからず青虫太る夏来たり      大野 順子
栗の花もりもりと湧きむせにけり    七沢 恵子
蓮の葉の下に蓮の葉雨上がる      小久保 寛
堅物で通す機関車麦の秋        関沢 洋一
江戸期には離れ島なり雪加鳴く      冨田 文博
始皇帝墓は一山夏つばめ         田村 實敏
大会の写真の笑顔薔薇の昼       高橋多美江
ほれぼれと立ち炎天の男松        岡崎 桂子
星合のまん中に鳴るオルゴール     石堂摩夜子
半夏生声出して夢終りけり       松本 淳子
たしかなる重さを雨後のかたつむり   久慈 月山
昼深し蟇棲む池の濁りやう       上瀧 章子
願ひ叶ふてふ石を撫で梅は実に     小林恵美子
ふふむ薔薇崩るる薔薇の中にをり    福井 隆子
逢ふことの一途さ募り天の川      大野 順子

                            どつしりと不発弾めく蟇         岸  三恵
鈴生りの小判草なり振りてみし      北村  栄
武器となる水の一滴みどりさす      吉田 淑子
静かなる森の入口螢の夜         梶村美佐子
青嵐鬣も尾も豊かなり          森川 静栄
まつすぐに線引くやうに鰻裂く      篠田たもつ
苔清水上の方より鈴の音         冨田はるみ
絢ふやうに水流れけり七変化       今瀬 一博
蛇の衣だらりの帯のごとく垂れ      鈴木  勉
百灯を消して一灯夏芝居         斎藤くめお
しゆるしゆると帯解く音や青簾      西川 柊花
廻廊は峰より峰へ青葉風         安田 青葉     酌むほどに顔の近づき冷し酒       谷村 安子
一睡に覚めて卯の花腐しかな       鶴見 秀昭
音に耳聴くありけり喜雨来たる      波羅 栄子

対岸

〒311-4311
茨城県東茨城郡城里町増井1319
TEL 029-288-3330
FAX 029-288-3330