本文へスキップ

TEL.029-288-3330

〒311-4311 茨城県東茨城郡城里町増井1319

新刊新刊

 

 

表紙絵・柿  久家二三子

明窓10句

きらきらと兄がこぎだす天の川      大谷登志子
ほととぎす別れのことばさへ無かり    小野瀬まこと
白桃の育つ水なり吉備の国         堤田 博子
ふる里は海のある町かき氷         加藤 房子
子は眠り幸せの髪洗ふなり         佐藤たまひ
豊年の兆し傷なき千枚田         湯川 笑子
中空に大雪渓の浮きにけり        井之口貢久 
標高三千大粒の夏北斗          島村ひろ子
?瑰の咲き満ち海の静かな日       植西かずよ
祭笛少女はときに上の空         倉井 敦子


さきがけ30 

日本の地図に火の跡鬼やんま       石堂摩夜子
夏座敷独り慎む父であり         椎名  操
青柿の落ちねばならぬ数であり      三輪よし子
夏怒涛定規コンパス万次郎        城間芙美子
滴りや点と線はた線と点         安田 青葉
叶ふなら海霧かき分けてカムチャッカ   橋 和恵
弟にあつさり与へ兜虫          藤井 英子
洪鍾の歳月緑滴れり           飯島きみい
生き急ぐごと生りすぎの胡瓜かな     鵜狩 道子
星祭学校へ竹運ばれし          岸  三恵
朝顔の新種の如く咲きにけり       谷中 鈴子
機関車の真顔の迫り炎天下        佐藤 千珠
能登炎昼煙の中に塩煮つめ         小山 和江
ひとり行く嵯峨野竹林新豆腐       川上  紘
蝮蛇草まむしのままに枯れにけり     馳  修子
                                              
                             鍔広き夏帽子なり誰かしら        兼子 光枝
伊吹嶺へ迫る夏霧関ヶ原          藤田 栄子
青芒仲間のびのび殖えてゆく       市村喜美子
花火師に大きな月の昇りけり       岡崎 桂子
闇といふ安心螢火の増ゆる        三浦香都子
根の付きしままの流木梅雨出水      齋藤 里香
見るだけの子に囲まれて金魚売      酒井佐代子
この宵は酔ふてほろほろ天の川       先崎クニ子
暑中稽古固く大きな握り飯        谷津 和子
夏空の雲なきことに疲れけり       島村ひろ子
田草取色新しき電車過ぐ         冨田 文博
下の葉に上の葉の影夏の昼         釜田 綾子
育ててはならぬ細胞夜の風鈴       五十嵐暢子
梅雨上がる翔ぶものは皆影捨てて     宮崎 すみ
瀧壺に湧き立つ風の中に立つ       福井 史郎

対岸

〒311-4311
茨城県東茨城郡城里町増井1319
TEL 029-288-3330
FAX 029-288-3330