本文へスキップ

TEL.029-288-3330

〒311-4311 茨城県東茨城郡城里町増井1319

新刊新刊

 

 


表紙絵・ネモフィラ  久家二三子



福寿草児は聊かも翳りなし     江森 好江
餅花の重く揺れをり奥会津     谷村 安子
風葬鳥葬散骨狐火の青し      岡崎 桂子
描かれてますます円し冬林檎    安田 青葉
着脹れて布袋様にも似たるかな   中澤 敬子
大見得の形白鳥着水す       勝  久祥
春はあけぼの便箋の暈し染め    二瀬サエ子
満潮の光ゆたかに鱈を干す     鈴木  勉
初座敷いまも遠くに太平洋     堀江 昭子
榾火煙りむくむく椎茸育つなり   荒蒔 信昌


さきがけ30 

身を捨つる恋もありけり歌がるた    鈴木 恭子
雪催赤子この世を眩しめる       保良龍三郎
凍瀧に汚れぬ高さありにけり      鈴木 恭子
枯菊の香り枯れたる高さより      鶴見 秀昭
鎌倉や画布の中にも落椿        吉田 叔子
白馬祭鹿島の神の扉開く        岡崎 桂子
はんざきのかくれ棲む岩大きかり    浜崎芙美子
革手袋皺伸ばす五指伸ばす       杉岡ふみ子
春の虹珊瑚礁より立ち上がり      安田 青葉
好きだから近寄れぬこと薄氷      蒲生友紀子
石蓴引く潮の直ぐなる力かな      望月 澄子
流れざる重さを得たり薄氷       小松 道子
嫋やかな小面の頬冬座敷        堀江 昭子
雪降るや煮物の味の締まるころ     牧長 幸子
落葉踏む音楽しくてなほ踏みゆく    西岡 浩子

              星の出て深く蒟蒻凍みるかな      荒蒔 信昌
大根抜く泥を落とせば無傷なり     深田 一夫
絹針に通す絹糸風花す         宮崎 すみ
出来るだけ樹影を展げ枯欅       福井 隆子
水神の祠下より耕せり         篠田たもつ
手を振れば星新しく瞬けり       直井 和子
滝平二郎の朱なり冬夕焼        山口はる江
どつしりと五体満足雪だるま      小林恵美子
畦浸かるところが出口蓮根舟      原   紀
煤払天井高き通し土間         中井 和子
白鳥に会うそれだけの旅であり     橋本 公子
はらわたを熱く凍瀧より戻る      今瀬 一博
廻り道寄り道もまた恵方道       吉村 聖彦
漆塗り又塗り重ね雪の朝        小口 隆光
神の座に日の差してをり笹子鳴く    堤田 博子              

対岸

〒311-4311
茨城県東茨城郡城里町増井1319
TEL 029-288-3330
FAX 029-288-3330