本文へスキップ

TEL.029-288-3330

〒311-4311 茨城県東茨城郡城里町増井1319

新刊新刊

 

 

表紙絵・満天星躑躅  久家二三子


笑う出すやうに木々の根明きにけり      三浦香都子
紅梅や山越えてくる婚の唄          青木  進
少年は犬を走らせ春渚            高木 佳子
寒き夜の水戸黒染めの深さかな        小松 道子
櫂もたぬ雛の舟なり流しけり         篠原ノリ子
豪農の一の間二の間雛の間          西 多恵子
初蝶を石庭に来て見失ふ           加藤 清子
春セーター腕をひろげて鳥になれ       石堂摩夜子
春天や影もまあるく観覧車          小山 和江
桃の節句母は手鏡よろこべり         武田 紘江 


さきがけ30 

終といふ大事椿を可愛がる        五十嵐暢子
訪ふ人の有りて灯せり涅槃寺       西山美枝子
雨弾きをりずぶ濡れの残る鴨       井上 和江
花種を蒔く雀にもすこし撒き       望月 澄子
玄関を出ていきなりの初音なり      中川 博子
探鳥のこころも少し青き踏む       篠田たもつ
手も足も寝足りし嬰に桃の花       馳  修子
打掛けの鶴羽根ひろげ春の雪       後藤 邦代
虚子も波郷も遠くにありて椿咲く     成井  侃
鷹鳩と化し自画像に青が欲し       岡崎 桂子
産む前の控への間ありさくら草      馳  修子
風の夜をほろほろ啜り卵酒        西山 惠子
大陸の啼きぶりであり涅槃図絵      今瀬 一博
越中加賀飛騨とつづいて山眠る      小林久美子
湖とゆふブラックホールぼたん雪     椎名  操

                            堤防の大きくカーブ鳥雲に           関沢 洋一
逃げてきし風船高きこころざし         人見 靖子
牡丹雪旅の終りの海に降り           綿引 英子
トンネルの風は直球冬の瀧           小松崎博子
冬の陽の雑木林を温めをり           持丸 すい
段々の畦きらきらと雪解の田          松田 章子
おだやかに天寿を生きて春の雪         山田美知子
八掛堂の窓も八角梅の花            堀江 昭子
春怒濤灯台大志あるごとし           菊池みつえ
花なつな鶫はフランネルのシャツ        五十嵐暢子
掌に草の弾力よもぎ餅             藤田 栄子
猫柳ぽんぽん解れ子ら遠し           塩沢とき子
打ち寄せる波輝けリ春の旅           大嶽久留美
木々の芽はさらに木々の芽呼びにけり      国兼 滝男
沈丁花赤き口唇ぱつと開け           森 よし江                                                   

対岸

〒311-4311
茨城県東茨城郡城里町増井1319
TEL 029-288-3330
FAX 029-288-3330