本文へスキップ

TEL.029-288-3330

〒311-4311 茨城県東茨城郡城里町増井1319

新刊新刊

 



表紙絵・熊谷草  久家 二三子

明窓10句

あたたかや胎内仏もたれかの子      望月 澄子
さくらさくら死ぬまで続く遊びかな    城間芙美子
一駅を濡れて歩けり桜の夜        馬場 順子
平等に陽を浴びてをりつくしんぼ     松木 和子
皆勤賞犬にも見せて花菜風        谷津 和子
春日傘くるくる廻したかさごや      大内美津子
この先の奥のほそ道おぼろなり      直井 和子
余生とはゆつくり花を愛づるとき     小林 光子
山頂に子は輝いて春休み         加藤 房子
竜天に登り天井画の残る         鈴木 恭子


さきがけ30 
能登海鼠酢に漬けて赤華やげり    大石紀代子
蕗の薹ぐんぐん伸びて忘れられ    井上 和江
花相似たり涙ぐむことのあり     岡崎 桂子
当たり前のやうに母居て春の昼    毛利きぬゑ
朧夜の人影となり人を待つ      星  雅樹
梅園の道は櫓に集まれり       北堀ひろし
せんべいで増ゆる旅の荷花の昼    神谷 孝子
蛤を食べて並べて何作ろ       石 儀子
花冷えや港の見える喫茶店      池辺  眺
此処はどこ私はだあれ雪だるま    森  唯子
蕗味噌を粥に広げて老いゆたか    竹澤 康子
太鼓橋両袖は花埋みなり       今瀬 一博
かぎろへる中よりぬつと貨物船    風間 純子
あと少し夢の続きに春の雨      荻野 美佐
強東風や波をかぶれる大鳥居     関沢 洋一



夜の桜しづかに呼吸してゐたり     成井  侃
旅立ちの始めの色や牡丹の芽      安田 青葉
桜待つ眠りつづけてゐる母と      三浦香都子
線香とつくしん坊が焼け残り      鈴木満喜子
湧くごとし草加の宿のつくしんぼ    福井 隆子
田水張る男一人の影濃かり       石川 定子
連弾の親子赤白チューリップ      石 儀子
ぬばたまの畔てらてらと桃の花     五十嵐暢子
夕ぐれの海が動きて花筏        関戸 洋子
小さき口たてに大きく苺好き      助川 道子
瀧壺の大き口開け雪の朝        武田 紘江
卒業子目よりも高く証書受く      松木 和子
後書きもト書きも無くてさくら散る   江森 好江
集まつてもつと声出せ犬ふぐり     林 由貴子
指吸うて夢の世界へ花の昼       後藤 邦代

                            

対岸

〒311-4311
茨城県東茨城郡城里町増井1319
TEL 029-288-3330
FAX 029-288-3330