本文へスキップ

TEL.029-288-3330

〒311-4311 茨城県東茨城郡城里町増井1319

新刊新刊

 


表紙絵・花菖蒲  久家 二三子


明窓10句

仏生会今日も誰かの誕生日      吉原 リサ
朝日射す庭木の数の木の根あく    松田 章子
これ以上大きくなれず春の月     鶴見 秀昭
遠くより旅して来たり花筏      岩上恵美子
花筏意志あるごとく止まりけり    恒川 絢子
旅立ちの思ひは熱し鳥雲に      五十嵐暢子
青嵐ますらを振りの樟欅       成井  侃
ただ孫に会ふだけの旅山笑ふ     深田 一夫
どの家も幸せさうに水張田      上田 亜矢
万緑や怒れる蒼き仏たち       元砂 輝代


さきがけ30 
薄墨を流して花の齢かな       五十嵐暢子
春は曙待望の第一子         小林久美子
向ひ風こそ力なり鯉幟        菊池久美子
別れ霜捨て葱として立ちあがり    大内美津子
日がな雨直立通すまむし草      上瀧 章子
抜刀の気合ひさくらを散らすなり   小松 道子
ぶつかつてゆらと傾げり花筏     岡崎 桂子
掘りあげて筍の息荒々し       坂本 京子
たんぽぽや鞄ひとつの独り旅     奥山いつ子
魁し桜は風を楽しめり        沖本サチ子
鍾乳洞の奥未知であり桐の花     山本 榮代
刃を入れて沈むカステラ春の雲    森川 静栄
木も草も人もかがやき植木市     植西かずよ
蟻走る死ぬまで走りつづけるか    國兼 瀧男
筍の伸びて鶏舎はしずまりぬ     青柳 士郎



花筏かたち変へつつ瀞を行く      北堀ひろし
田水引く畦の黒さに力あり       小野さとし
鯉のぼり空に奥行ありにけり      飯島きみい
青嵐その中にある父の声        安田 青葉
痩せたりはせぬか藤房ぐんと伸び    田村 洋子
桜の夜壺より吸い上ぐるインク     今瀬 一博
岩一面鹿尾菜の繁茂平和なり      大森 靜江
芝青む真ん中に子を放ちけり      寺田陽二郎
老人とあひるの時間風薫る       岡本 優子
ふるさとの川は平らに夏来る      成井  侃
此岸対岸菜の花の盛りなり       山口はる江
さくらさくら誉められ続け夢ごこち   小松崎博子
北国は土筆摘む間も土筆生ふ      森  唯子
カステラの切り口匂ふ蝶の昼      市川十二代
手足よく伸び学校の桜かな       堤田 博子

                            

対岸

〒311-4311
茨城県東茨城郡城里町増井1319
TEL 029-288-3330
FAX 029-288-3330