本文へスキップ

TEL.029-288-3330

〒311-4311 茨城県東茨城郡城里町増井1319

新刊新刊

 


表紙絵・野萱草  久家 二三子

明窓10句 

八溝嶺の風総身に幟立つ       堀江 昭子
黒板は五枚の寄せ木若葉風      望月 澄子
葉桜やいつしか誰もゐずなりぬ    谷中 鈴子
子蟷螂揺れて寄る辺のなかりけり   風間 純子
花嫁の視線真つ直ぐ花菖蒲      今堀 晴美
紫陽花の毬の雫は毬が受け      谷津 和子
玻璃磨きくつきりと夏来たりけり   堤田 博子
{木のいのちの森の茂りかな     森川 静栄
桐の花母ある限り三姉妹       馳  修子
手品師の一吹き白牡丹崩れ      小林 悦子


さきがけ30 

葉桜にいよいよ巨石割る力       小松 道子
逃水のとどのつまりの深海魚      堤田 博子
音たてて鯉がもの食ぶ未草       蓮井 崇男
どつかりとバナナを抱き男の子なり   寺田陽二郎
はじまりは糸垂らすごと栗の花     小林 和子
めまとひにからまれゐたり薬師さま   杉田 松代
老鶯や逆火吹き出す登り窯       室谷美奈子
あめんぼのぶつかり合へる無音かな   安田 青葉
夕立風丈あるものに容赦なし      橋 和恵
手のひらにもらふ地卵青あらし     菊池 珠枝
病み上がり風のなき日の鯉幟      毛利きぬゑ
夏草の地を這ふ強さ岩手山       五十嵐暢子
洗はれて可愛らしくて白ズック     坂森まち子
母も子もすぐ眠くなる素足かな     加藤 政彦
火熾しの役は青年花の宴        池畠 裕子
  

                何につけ最初は歪み額の花     風間 純子
風五月堤防銚子まで続き      関沢 洋一
鴨帰りめつきり減りし川の水    江田 実蝶
橋あまたかかりたる街若葉風    佐藤 洋子
春ショール加へ膨らむ旅鞄     下地 幸代
吊橋の高さに迫り朴の花      武藤 貞一
足跡が集まつてをり余り苗     今瀬 一博
細き目の細きまま癒え聖五月    西岡 正子
出漁の舳先に夏のオホーツク    橋 和恵
蛇穴を出て長過ぎる身と思ふ    福井 隆子
噴水の朗らかに跳ね人を待つ    村上 和子
頬たたく音少しあり紙風船     竹内 幸子
茄子植ゑて立山に雲なかりけり   森  朝子
夜桜の方角見失ひやすし      小林久美子
蕗の葉の音にはじまり俄雨     外口 喜陽            

対岸

〒311-4311
茨城県東茨城郡城里町増井1319
TEL 029-288-3330
FAX 029-288-3330