本文へスキップ

TEL.029-288-3330

〒311-4311 茨城県東茨城郡城里町増井1319

新刊新刊

 

 

表紙絵・葡萄  久家二三子

 
千年の杉にも慈雨として降れり      菅野 好子
泳ぎゆく押し出す力果てもなし      吉村 聖彦
逃水をまだ十年は追ふつもり       堤田 博子
点滴液見詰めてをれば瀧の音       蓮井 崇男
黄楊の花ほろほろ零れ夢も消ゆ      島村ひろ子
付いて来さうなぴちぴちの蛇の衣     人見 靖子
烏賊舟のこみあひてをり能登真昼     奥田 郁子
夏嵐竹が竹打つ音たしか         上瀧 章子
早春や高麗橋に汐香り          小林久美子
川蜻蛉捕へて軽しすぐ放つ        桜井 洋子
 


さきがけ30 

蠅叩戦闘意欲のみあふれ          蓮井 崇男
蛍狩黒き山並押し掛かり          荒蒔 信昌
大粒にすぎる雨粒花菖蒲          福井 隆子
若草に座し大方は片思ひ          五十嵐暢子
竹刀打つ裂帛の声走り梅雨         井ノ上健次郎
こんなにも汗噴く力吾にあり        岡村 幸子
二人の子生みし村なり青葉木菟       八島 伸子
夏うぐいす風突き上げる岬なり       人見 靖子
水色の目高が動き水動く          桜井キミ子
定型の模様を疎み蛇の衣          恒川 絢子
ほうたるに放心といふ闇のあり       篠田たもつ    まどろみし後の梔子はや汚れ        堤田 博子
竹皮を脱ぐ一望の琵琶湖なり        上瀧 章子
虫干や爪の鋭き熊の皮           三浦香都子
始まりは並びて静止鵜飼舟         沖本サチ子

                            向かひあふ山はちちはは朴の花          直井 和子
夏帽子ころがつてゆく大砂丘           諸冨 清子
日光黄菅高原を風渡り              大森 靜江
勢ひたつとき噴水の柱めく            安田 青葉
漂へる流れ藻の如昼寝覚             成井  侃
ながながと祭の帯を干しにけり          大塚 隼人
太陽に見せびらかしてラムネ飲む         渡辺 美代
花菖蒲雨雫して華やげり             田仲 昌子
逞しくして淋しかり蟇              小山 吾浪
麦の穂のからから風の常陸かな          小室 淑枝
滴りに湖の香のある夕べなり           堀江 昭子
姫早百合にただ会ひたくて登りけり        橋本 公子
ゆらゆらときれいに金魚老いにけり        江森 好江
折鶴の羽は広げず梅雨籠             谷津 和子
闘うて鋼の音の兜虫               望月 澄子                                                   

対岸

〒311-4311
茨城県東茨城郡城里町増井1319
TEL 029-288-3330
FAX 029-288-3330