本文へスキップ

TEL.029-288-3330

〒311-4311 茨城県東茨城郡城里町増井1319

新刊新刊

 

 

表紙絵・紅葉  久家二三子


青芭蕉滾滾と噴き結びの地       瀬古 陽苑
乾きたる音して掃かれ?の殻      上瀧 章子
蠅叩き此度も気迫不足なり       小松 道子
アルバムのずしりと重し赤のまま    西川 柊花
店頭の大鍋灼けて道具街        恒川 絢子
蔵王涼しお釜のあたり雲走り      松木 和子
炎天下日を跳ね返す大手門       新井はつ子
樅の木が一番高く?しぐれ       人見 靖子
響き合ひ大瀧小瀧夫婦瀧        江森 好江
空想に落ちいり易き日傘かな      高橋 紀子 


さきがけ30 

白桃を剥く完形を保ち剥く        佐藤 千珠
オーロラの色いまからが唐辛子      石堂摩夜子
氷いちご二人で食べて共に老ゆ      五十嵐暢子
黒揚羽樹下の暗さに紛れけり       小松崎正生
総立ちの蝮蛇草声            高橋ミエ子
辛抱の足らぬものより滴れり       鈴木満喜子
風を起こして鮎の竿横走り        田村 洋子
天の川子に会ひたくて舟を折る      井川 伸子
根つからの道産子南瓜好きであり     先崎クニ子
夜のプールところどころを泳ぎけり    鶴見 秀昭
初?の一声二声そして黙         今岡 奎子
梅雨の蝶雨の重さは知らぬなり      今瀬 一博
童話めく森の真つ赤な毒茸        栗原 梅子
舟虫や日の出大きく鹿島灘        関沢 洋一
沖縄の海色纏ふ水着かな         益子可奈子

                            鶏頭のかたまつてゐる暗さかな       高橋 紀子
蟇毒吐くごとき面構へ           佐藤 正子
椨の太き根夏越祭果つる          小松 道子
人満ちて梅雨の図書館静まれり       鵜狩 道子
氷室開き清しき雪の白さなり        奥田 郁子
反り仰ぐ磐座であり灼けてをり       谷津 和子
御言葉の重たく百合の咲きにけり      恒川 絢子
さざ波のとどきて蓮のゆるるなり      篠原ノリ子
螢待つ人の体温ひとの息          望月 澄子
バス降りてよりいきなりの?時雨      上野 泰子
達磨さんがころんだ空?動く        人見 靖子
味噌部屋に十年ものの蝮酒         吉原 理夫
赤飯の小豆のほろと雲の峰         成井  侃
短夜の夢の話は他言せず          池辺  眺
蒲生野や狐火のごと虫送り         後藤 邦代                                                  

対岸

〒311-4311
茨城県東茨城郡城里町増井1319
TEL 029-288-3330
FAX 029-288-3330