本文へスキップ

TEL.029-288-3330

〒311-4311 茨城県東茨城郡城里町増井1319

新刊新刊

 

 

表紙絵・草紅葉  久家二三子


夏は夜かの大いなる胸思ふ        宮崎 すみ
お揃ひの水着の嬉しまだ濡れず      栗原 梅子
おほむらさき海をまとひて洗はるる    井之口貢久
鮎を釣るひとりひとりに流れあり     山田 壽子
大いなる手ぶらで戻り稲刈機       今瀬 一博
二人居に鏡は一つ秋涼し         西山 惠子
家系図の末広がりに盆供養        柏 せつ江
玄関にさやさやと活け草の花       兼子 光枝
婿三人座して狭しと夏座敷        向井 春羊
出穂水をたつぷりひいて我が田なり    竹澤 康子 


さきがけ30 

学校の兎は早寝蚊帳吊草          杉田 松代
嫁ぐ夢見て秋雨のけぶるなり        栗原 梅子
からあゐの頭重たし恋の歌         岡崎 桂子
凌霄花たらたらいのち減らすなり      五十嵐暢子
新豆腐瀬音の中の朝の膳          安藤 彰子    八方に夏日を放ち大蘇鉄          山口 春麿
獅子の顔豊かに歪み油照          寺田陽二郎
月に顔あげて伏せて盆踊          市川十二代
日焼けしてこの世に一つきりの顔      中井 和子
大花火届くはずなき手を伸ばす       塚口恵美子
次の間の闇にもの言う夜の秋        高橋 紀子
万緑を映す水面の昏さかな         田村 實敏
降りさうで降らぬ空なり昼に虫       蓮井 崇男
鬼やんま顔の大きく反転す         成井  侃
大暑なり気合鋭く面決まり         森  朝子

                            深閑と生徒待つ門石榴の実          町田 静子
入道雲山を呑み込み迫り来し         千葉みよ子
茅の輪くぐりて大海へ出づるなり       堤田 博子
弁天の島の高きに登りけり          瀬古 陽苑
舞台装置の如き継橋秋の風          神谷 孝子
長き夜のノート鉛筆肥後守          岡本 優子
夕立やみな総立に鉢のもの          湯川 笑子
水の秋影よりうすく稚魚走り         望月 澄子
啄木の小さき机?しぐれ           岩黒 恵子
正面に岩手の青嶺旅装解く          照内カツ子
青空は折紙の色花木槿            青木  進
全身に汗の噴き出す若さあり         岩ア 忠敬
恙無き家族七人星祭             室谷美奈子
新涼や星を探せば星の増え          阿部のりこ
濃紫陽花押されて泣く子はだあれだ      村上 和子
                                                   

対岸

〒311-4311
茨城県東茨城郡城里町増井1319
TEL 029-288-3330
FAX 029-288-3330