本文へスキップ

TEL.029-288-3330

〒311-4311 茨城県東茨城郡城里町増井1319

新刊新刊

 

 

表紙絵・敗荷  久家二三子

明窓10句

燈火親し一頁目の師の笑顔      安田 青葉
台風過大きな顔のギターなり     竹内 幸子
包丁に重さのありて新豆腐      高橋 紀子
美しく魚を食べて良夜なり      馬場 順子
退屈な鞄がひとつ秋の雨       成井  侃
鬼灯を見てゐて鳴らしたくなりぬ   内田かつ代
汝の知らぬ日月小鳥来てをりぬ    岸  三恵
団栗の真つ直ぐ落ちて草の中     小松崎博子
こだまして啄木鳥叩くまた叩く    國兼 瀧男
熱風やかつて銀座を川流れ      関沢 洋一


さきがけ30 

ふくろふの首を振りつつ眠るなり     馳  修子
栞して本を閉ぢたる良夜かな       及川茂登子
水平の風となりけり赤とんぼ       桜井 洋子
竜田姫父へ初瀬の絵蝋燭         安田 青葉
大菩薩峠を越えて鬼やんま        江森 好江
海面の上がりゆくなり無月なり      小松 道子
秋冷の水をたたきて顔洗ふ        石川 定子
烏瓜会へぬ誰かとつながりぬ       植野 康二
水平に進めば晴れて赤とんぼ       岡崎 桂子
鱗雲サッカーボール宙を飛び       堀   誠 
畦を焼くもつと遠くに山焼く火      浜崎芙美子
根刮ぎの流木ありて秋澄めり       藤井 忠重
藷蔓を切れば乳のふく秩父の地      小山 和江
因幡へと旅に出てをり敬老日       平間 裕子
小鳥来てもう諍ひを始めたる       飯島きみい

                            鍵盤に指をしづませ鳥渡る         福井 隆子
草の絮吹きて素顔の残りたる        大久保金一
木も草も駆けくる犬も露まみれ       星 万寿子
稲を刈る一日立山見ゆる村         竹澤 康子
栗を煮るむらさき女の子持たざりし     藤田さち子
真ん中に芯あるらしき秋出水        鈴木  岬
豊年や早稲も晩稲も佐賀平野        中川 博子
運動会果て校庭の疲れをり         中島 暉子
山霧の湖すべりくる迅さかな        田村 清子
ごろごろと残れる枕盆の家         竹内 幸子
天高く騎馬戦の声ひびきけり        市川十二代
四方より雲海迫り北信濃          小林久美子
はたはたの明日咲く花にしがみつき     荻野みゆき
神様の居る森であり茸生え         中野千賀子
どつしりと新米籾のまま届く        谷津 和子

対岸

〒311-4311
茨城県東茨城郡城里町増井1319
TEL 029-288-3330
FAX 029-288-3330