本文へスキップ

TEL.029-288-3330

〒311-4311 茨城県東茨城郡城里町増井1319

新刊新刊

 

 

表紙絵・初日  久家二三子

明窓10句

夢半ばなる彩であり草紅葉     小林恵美子
足袋白き菊人形の別れの場     牧長 幸子
秋の蝶吹かれ吹かれて雲となれ   風間 純子
鴛鴦の即かず離れずつと離れ    増山 きみ
小春日のとりわけ母の笑顔かな   成井  侃
青々と杉玉にほふ雁のころ     坂本 京子
直線に起点終点流れ星       持丸 すい
ぽつかりと火口は黒く雪降れり   大森 靜江
島にゐてとなりの島に秋の雲    中野  正
冬来るタータンチェック翻し    杉岡ふみ子


さきがけ30 

葬の家しづかに柚子の太るなり    成井  侃
杜の奥から風がくる鹿がくる     中村  恵
長き夜を泣いても泣いても我が子なり 寺田陽二郎
椎の実を山と集めて日曜日      桑山 俊洋
突き刺さる痛みと言へり冬さうび   馳  修子
胡桃落つこつんと父の音したり    佐藤 千珠
猪垣の破られてをり豊の秋      小野瀬まこと
眼光の鋭き達磨時雨れけり      藤田さち子
小春日の空の奥より波がしら     小山 吾浪
捨案山子なり手も足も伸ばしきり   坂田 玲子
闇深し明日なきごとく虫鳴けり    森  朝子
秋風を全身に受け折り返す      上野千寿子
乱菊を括るに太き紐を持ち      三輪よし子
鷹匠も鷹も孤高となりゐたり     大島  雅
桜炭叩けば山の音のせり       篠田たもつ


    

                            廃校にグランド残り秋曇       遠藤カオル
紅少しお十夜婆になりにゆく     福井 隆子
にこにこと蔓梅擬いただきぬ     武田 紘江
月下美人翌朝力尽きてゐし      波羅 栄子
大笊の湯気を豊かに衣被       田仲 昌子
枇杷の花声の大きなふたりなり    栗原 梅子
ほくほくの焼き芋であり笑顔なり   鈴木雄太郎
千歳飴どこを切つてもお人好し    安田 青葉
佃島小春魚を焼く匂ひ        斧田 綾子
一寸の光陰鴨の来てゐたり      植西かずよ
笠原水道遺構花野へつづきけり    小松 道子
宇宙遊泳にも似て蓮根掘りゐたり   椎名  操
秋晴の新駅に立つ二人なり      江崎 あい
那須越えも白河越えも霧の中     藤井 英子
木枯に明日なし枝の鳴るばかり    星  雅樹

対岸

〒311-4311
茨城県東茨城郡城里町増井1319
TEL 029-288-3330
FAX 029-288-3330