本文へスキップ

TEL.029-288-3330

〒311-4311 茨城県東茨城郡城里町増井1319

新刊新刊

 

 

表紙絵・紅梅  久家二三子

明窓10句

秋天や我ら而立の朝迎ふ          蓮井 崇男
神木の胡桃に冬芽吉事あれ         五十嵐暢子
雪達磨しつかり留守を頼みけり       橋 和恵
かくれんぼの鬼はひとりや雪ばんば     後藤 勝代
二七日三七日雪の降り止まず        三浦香都子
試着なら何度でもよし冬の服        菊池千穂子
枯野来て筑波へ新たなる一歩        安田 青葉
先頭のひたすら前へ鳥渡る         山口はる江
三十周年なほその先へ小鳥来る       倉井 敦子
黄落期一本の道輝やけり          塚口恵美子


さきがけ30 

秋の水足し小魚を驚かす          福井 史郎
明日も雪てふ那須野より逃げてきし     人見 靖子
あまりにも正直に過ぎ冬鏡         福井 隆子
破蓮となりて左右を見渡せり        風間 純子
菊まつり終へたる菊の元気なり       安田 青葉
祭り後食卓に置く金魚玉          根本 茂雄
祖父もまたそのひとりなり雪に住む     橋 和恵
綿虫のふわりと寄辺なかりけり       成井  侃
和服着てふくら雀とお母さん        倉井 敦子
襖絵のまつ青な海菊日和          西岡 正子 
菊人形姫の袂の重たかり          釜井 淑子
この先も恙なきやう枇杷の花        安藤 芳子
駅を出て冬満月に従へり          宮谷  忠
一冬木自然治癒力秘めて立つ        楫  秋葉
空を飛ぶ夢見てゐるか捨案山子       元木はるえ

  

                            ところどころ抜かれて冬菜畑となり     今瀬 一博
冬菊の凛凛たるは雨弾く          蓮井 崇男
翼張る金の折り鶴菊の宴          細川 惠子
読み聞かす空飛ぶ話豊の秋         村上 和子   
ありありと蹄の跡や牧閉ざす        野口  梓
佐久島の大粒の雨石蕗の花         中野  正
下校子を見てゐる兎また明日        小林 和子
渓谷を冬霧のぼり潔し           宮田 恵子
マンションのたつた二枚の障子貼る     川守田健雄
木枯一号眼の充血に及びけり        佐々木奈津恵
風音の中に落葉の走る音          堤田 博子
綿虫や踏まれて濁る水たまり        平野  貴
どの星も一途に光りちちろ鳴く       野口 敏夫
草の実の跳びついてくる力かな       島津 教恵
天高し数多積まれし米袋          深津 トシ
  

対岸

〒311-4311
茨城県東茨城郡城里町増井1319
TEL 029-288-3330
FAX 029-288-3330