本文へスキップ

TEL.029-288-3330

〒311-4311 茨城県東茨城郡城里町増井1319

新刊新刊

 

 

表紙絵・落羽松  久家二三子

明窓10句

ばりばりと朝刊までも凍ててをり   松田 章子
人間も生け簀の鯛もお元日      村岡久米男
読み聞かす絵本の中も雪降れり    小林恵美子
冬耕機折り返す歯の粗きこと     鈴木  岬
立春やさより漂ふ海の色       保良龍三郎
七草の緑ゆたかな国に住む      藤井美智子
うつすらと満月今朝の凍れなり    先崎クニ子
寄せ書きの一面梅の花開く      成井  侃
大瀧の凍てつつしぶき飛ばしけり   江本 怜子
お守りの紐は七色初詣        湯川 笑子


さきがけ30     雪弾き竹の先端生きてをり       山口はる江
頭ほどの朱欒いただき如何せむ     堤田 博子
立春の句会へ一番乗りであり      渡邊 公之
冴返る母のものみな遺品なり      成井  侃
雪雲の両手広げて襲ひきし       寺崎 員代
セーターの桃色うさぎ元気よし     小松崎博子
朝顔の種採る遊び心かな        岸  三恵
抱けるだけストックを抱き安房帰り   福井 隆子
四度の瀧奥の段まで凍て及び      今瀬 一博
氷見産の寒鰤男まへであり       飯島きみい
お手玉の十で東京春めけり       照内カツ子
両の手のポケット深し冬の駅      波羅 栄子
クリスマスどの子にも星無尽蔵     釜井 淑子
寒晴やくつきりと蒼き利尻富士     先崎クニ子
火の色の大きくめくれ野火走る     小野さとし

  

                            鷹の目のゴッホ自画像冬ぬくし     岡崎 桂子
くるくると羽子落つる須臾愉しめり   海老澤美穂子
女正月金銀砂子ふる蒔絵        杉岡ふみ子
雪の夜のフランス生れぬひぐるみ    小田かほり
篳篥を吹ける横顔鳥引けり       小松 道子
去年今年貫くものを探しをり      堤田 博子
瀧の風来て大根の太る村        栗原 梅子
冬怒涛巨岩の丈を駆けのぼり      石川 敬子
狐火を語り女の狢顔          椎名  操
囀を追いかけてゆく遊山かな      安田 青葉
精一杯生きて百歳梅真白        篠原ノリ子
羽ばたけぬ雀のやうに着ぶくれし    佐藤芙美子
雪降りて桜の幹の濃くありぬ      坂森まち子
初笑笑ひて眼なくなりぬ        馳  修子
お福茶のお多福顔の湯呑みなり     大石紀代子

対岸

〒311-4311
茨城県東茨城郡城里町増井1319
TEL 029-288-3330
FAX 029-288-3330