2906 へのリンク

本文へスキップ

TEL.029-288-3330

〒311-4311 茨城県東茨城郡城里町増井1319

新刊新刊

 

 

表紙絵・ハマナス  久家二三子

明窓10句

春渚暮鳥の雲はちぎれ雲      岡崎 桂子
水匂ふ水の近江の青き踏む     植西かずよ
うららかや競走馬にも草食む日   千本 裕子
北開く天の岩戸を引くやうに    梶村美佐子
芝焼の炎浮力のある如し      坂本 正夫
すつぽりと雪の中なり避難小屋   橋本 公子
パンジーの千の笑顔へ帰宅せり   岸  三恵
雨止みてなほもずぶ濡れ猫柳    斧田 綾子
表より見え和菓子屋の雛飾り    小谷川孝子
しつかりと組み乗れさうな花筏   人見 靖子


さきがけ30 

陽炎や石舞台より人のこゑ       藤田 栄子
おにぎりは転がるかたち春の旅     福井 隆子
吟行の最後は独り朧月         桜井キミ子
抱かるる温もり知らぬ雛かな      今岡 奎子
紅は確かなる意志椿咲く        五十嵐暢子
手に受けて楊貴妃桜持ち重り      椎名  操
大きな桃流れてこむか朝桜       石堂摩夜子
戦国の絵巻さながら野火猛る      江森 好江
海胆の棘つんつんと突き生きてをり   石川 敬子
鷹鳩と化し消しゴムの減るばかり    五十嵐暢子
菜の花や漫ろ歩きのそぞろうた     助川サヨ子
花馬酔木師系のきづな揺るぎなし    成井  侃
熱々の蟹の味噌汁鳥曇         桜井 筑蛙
はるけき日真白くありし雛の顔     荻野みゆき
絵の美女の服も永遠春の雨       蒲生友紀子

    

                            
全身をみせ雉子のゆく桐畑       小山 和江
干海老の幸せさうな色買へり      渡辺 美代
春雪や終はらぬ旅の夢の中       風間 純子
春荒や伸びきるいかの一夜干      加藤 政彦
春障子おもちや拡げし嬰の部屋     中澤 敬子
草萌ゆる色取り取りのスニーカー    室谷美奈子
さくら咲く色を初心と言ふべかり    安田 青葉
雛壇に老人もゐてつつがなし      小久保 寛
花曇富士山捜す二人なり        池谷登茂子
しやぼん玉空は大きく息を吸ひ     小林 悦子
牡丹雪みるみる傘を暗くせり      増山 きみ
うららかや蝋涙音もなく流れ      鈴木 恭子
子の帰宅待つ白酒と雛なり       末広 京子
さらさらと藻は流れ風光りけり     田村 清子    
春の宵踊りたくなる赤い靴       恒川 絢子

対岸

〒311-4311
茨城県東茨城郡城里町増井1319
TEL 029-288-3330
FAX 029-288-3330