本文へスキップ

TEL.029-288-3330

〒311-4311 茨城県東茨城郡城里町増井1319

新刊新刊

 

 


表紙絵・山百合  久家二三子

明窓10句

一年生朝礼台の高くあり     竹内 幸子
石走る水の勢ひ芹育つ      島津 教恵
鳥帰る能登空港は山の上     奥田 郁子
山の湯に肩まで浸かり春の星   今野 晶子
完璧な半円であり春の虹     井上 千代
影も手を繋ぎて母と青き踏む   安田 青葉
花吹雪谷深ければ深く落つ    毛利きぬゑ
白牡丹俄かに翳る長恨歌     今瀬 一博
花見舟児の靴もまたさくら色   村中 昌恵
前奏ではや啜り泣き卒業歌    岸並 弘子


さきがけ30 

堰を越えんと鮎心臓を熱くせり     小野さとし
花冷や子ら去り眠るおもちやたち    助川 道子
漲れる力蝦夷山桜咲く         三浦香都子
廃船に翼のあらば春の雁        岡崎 桂子
?の芽の天麩羅さくらいろの塩     斧田 綾子
田を植うる水公平に水平に       今瀬 一博
牡丹咲いて雨の心配はじまりぬ     大内美津子
海胆どうし棘の触れ合ひ動きけり    直井 和子
チューリップ日の移ろひに敏きかな   菊池 信也
菖蒲湯の葉のいきいきと長湯せり    馬場 順子
目高向き変へ変化はいつも突然に    山口はる江
すりおろす夏大根のうすみどり     大谷 幸子
オカリナの奏でるさくらさくら咲く   井之口貢久
山笑ふ扉を開けて迎へられ       城間芙美子
ゆつたりと水の流れて花菖蒲      外口 喜陽

              水を引き田の傾きの見ゆるなり     原   紀
ふるさとは誰にも優しつくしんぼ    佐藤 洋子
春の蝶見知らぬ町に迷ひけり      山原美和子
花辛夷沼の暗さも神話めく       林 由貴子
母亡くて逃水行き場なかりけり     堤田 博子
春の雲人も鳥居も足二本        今瀬 一博
大海は夢のまた夢鯉幟         菊池久美子
めぐりあひて今年の桜濃かりけり    五十嵐暢子
葱坊主ふくらむ夢のまだ途中      冨田はるみ
花冷や郵便受けといふ空ろ       鈴木  岬
五羽の子を連れ行く雉子も母なる日   元木はるえ
仏頭の如く牡丹の重き揺れ       成井  侃
夏服の衿高くして東京へ        山中 明子   
病院を出て春風に包まれし       楠山 洋子
校庭の染井吉野はいまも咲き      伊藤  浩             

対岸

〒311-4311
茨城県東茨城郡城里町増井1319
TEL 029-288-3330
FAX 029-288-3330