本文へスキップ

TEL.029-288-3330

〒311-4311 茨城県東茨城郡城里町増井1319

新刊新刊

 

 

表紙絵・浜千鳥  久家二三子

明窓10句

立葵棒立ちのまま日暮れけり   安田 青葉
体中動かし蚕生きるなり     蒲生友紀子
夏薊山駆け上る雲の影      橋本 公子
胸を張る武者人形と稀勢の里   桜井 筑蛙
次々と花びらが乗り花筏     成井みち子
青葉山行くゴンドラは硝子箱   恒川 絢子
遠足の堤防やはらかくゆけり   池内 雅一
蓮の葉の揺れ開演を待つごとし  星  雅樹
埋め戻す縄文遺跡緑さす     武藤壽美江
朝霧のひたひたとくる牛舎かな  福井 史郎


さきがけ30 
白き白きほたるぶくろに隠れしか  安田 青葉
透明に村沈むまで田水張る     青木  進
皆ゐなくなりて躑躅の燃えてをり  福井 隆子
家と家分かつ一水夏つばめ     千本 裕子
梢とは傷みやすくて青嵐      五十嵐暢子
むらさきに暮るる街並リラ匂ふ   三浦香都子
むらさきは江戸の色なり杜若    坂本 京子
あぢさゐや事の始めのひそやかに  蒲生友紀子
葉桜を一翼として生きんとす    安田 青葉
鵜飼舟水脈を広げて戻り来し    中野  正
蝌蚪数多きつと目玉は二つづつ   渡部 きよ   
一番白きハンカチの花拾いけり   渡辺 美代
床の間や菖蒲の花のすくと立ち   山本 殷次
姫女苑いつぱいに摘み黒瞳がち   杉岡ふみ子
織姫は布を展げて若葉風      伊藤  浩

              生け終へてこでまり弾みやまぬなり  押尾 弘子
白牡丹わけても今朝の白さかな    江森 好江
河骨や心澄ませば魚見ゆる      西山美枝子
梅雨出水波立つあたり沈下橋     菊池 信也
ヨガにある祈りのポーズ雲の峰    茂垣はるえ
滴れり猪除けの向かう側       加藤 政彦
音も無く森に湧く水あめんぼう    斧田 綾子
百千の薔薇に溺れて歩くかな     中島 暉子
体内に食と気の道青葉風       神谷 孝子
鉄橋の架かるみづうみ夏燕      冨田 文博
奥羽嶺の雪形肥料撒きにけり     佐々木田三男
獅子頭に傷跡あまた春の昼      堀   誠
髪洗ふ母の笑顔のやうな雲      谷中 鈴子
朝顔の教科書通りに育ちけり     林 由貴子
顔を見てゐれば安心チューリップ   佐藤 千珠             

対岸

〒311-4311
茨城県東茨城郡城里町増井1319
TEL 029-288-3330
FAX 029-288-3330