本文へスキップ

TEL.029-288-3330

〒311-4311 茨城県東茨城郡城里町増井1319

新刊新刊

 

 

表紙絵・老松  久家二三子

明窓10句

まだ息をしてゐるやうな蛇の衣   木 佳子
短夜の夢ちちははは声持たず    鈴木 恭子
弟と無言の時間さくらんぼ     小久保 寛
川の駅遊覧船の弾み来し      坂森まち子
大き影広げ梯梧の咲きにけり    鵜狩 道子
一品づつ運ばるるなり夏料理    先崎クニ子
形代の膝のよぢれて流れけり    椎名  操
太陽がいつぱいの村植田晴     栗原 梅子
湖平ら蓮田も平ら夏の雲      池辺  眺
水に水重ねて暗し梅雨の川     成井  侃


さきがけ30 

白百合の咲くは見返り美人めく   大内美津子
夏つばめ相聞のごと島二つ     小松 道子
飛び込んで泳ぎつづけて水となる  安田 青葉
雲梯にぶつきらぼうの日焼けの子  加藤 政彦
すくすくと伸び若竹のずぶぬれに  助川サヨ子
嬉々として胸かがやかす夏燕    成井  侃
ゆるやかに曲る氷見線夏休み    恒川 絢子
螢火のぽつりと落つるあつと言ふ  蒲生友紀子
梅雨晴間どこでもドアの電車来る  津田 文子
梅雨晴や大仏様の在す街      福井 隆子
香のぱつと顔面を撃つ菖蒲切る   島津 教恵
莢隠元?ぐとき背筋伸びにけり   二瀬サエ子
はじまりはまつ新であり半夏生   谷村 安子
風を行く翼のやうな夏帽子     新井うた子
身構へてゐて春雷のあつけなし   池内 雅一


    

                            上げ潮に遊ぶ纜夏つばめ      関沢 洋一
束の間に遠景となるヨットの帆   桜井 洋子
紫陽花の揺るる束ねを解くやうに  谷津 和子
川音のひときは高く合歓の花    小林 和子
胡蝶蘭散るとき声のあるならむ   宮崎 すみ
栗の花もののけめきて夜も匂ふ   宮谷  忠
遠き日と同じ川幅合歓の花     橋本 公子
青梅の青さの増せり水しぶき    谷中 鈴子
米蔵のひんやりとあり?の声    吉澤 友子
母の家だんだん遠し花樗      藤井美智子
人の世の雅号俳号サングラス    岡田  隆
大粒の梅煮て一日豊かなり     武藤壽美江
陀羅尼助買ひたる高野梅雨じめり  長谷川宏子
絶壁の下は海なり白雨なり     大塚 隼人
今生の一日は長し蝸牛       星  雅樹

対岸

〒311-4311
茨城県東茨城郡城里町増井1319
TEL 029-288-3330
FAX 029-288-3330