本文へスキップ

TEL.029-288-3330

〒311-4311 茨城県東茨城郡城里町増井1319

新刊新刊

 

 

表紙絵・穭  久家二三子

明窓10句

ひぐらしや線香の灰立ちしまま    安田 青葉
城跡の崖の直立滴れり        大内美津子
滝壺に一度は沈む流れかな      中村  恵
龍潭寺裏も表も?しぐれ       市川十二代
帆を上げてこその帆船ソーダ水    成井  侃
露草に降りたる露も真青なり     茂垣はるえ
みづうみは平らに明けて月見草    武藤壽美江
吹き抜ける風は水色籠枕       谷中 鈴子
昼寝して母をどこかに置いて来し   青木  進
保健室のカーテン真白夏休み     岡本 優子


さきがけ30 

梅雨の月とろんと上り歪なり    大内美津子
すぐ消ゆる釣り人の道青芒     今瀬 一博
新品の水撒きホース力みけり    栗原 梅子
愛犬と跣足で駆けて九十九里    小室 淑枝
日が沈むぎしぎし沈む大暑かな   関戸 洋子
螢には届かぬ声を発しけり     釜井 淑子
夏の灯の静かに漏れて離れの間   椎名  操
皆同じ貌して泳ぎ一直線      大石あつ子
母は子を待ち紫陽花は雨を待つ   佐藤 千珠
花のやうなる舞茸を天麩羅に    高橋ミエ子
道幅を来るコンバイン麦の秋    三浦香都子
大夕立軍靴の音を立てて来し    鈴木  勉
紅葉葵いつもまつすぐ妻の声    寺田陽二郎
凌霄花ほたり夕刊届くころ     髙橋 茂子
川花火天麩羅熱きまま出され    大石紀代子

              微動だにせぬ峰雲を畏れけり     坂本 京子
岡山の桃の桃色届きけり       谷村 安子
手花火の手元の暗さ波の音      井之口貢久
灼けてたつ四角い校舎夏休み     小野瀬まこと
一本は公達めけり今年竹       木村 芳之
子の顔も紫陽花も丸顔であり     沖本サチ子
少年の抽斗深く?の殻        星 万寿子
かなかなかな旅の余韻の中に居り   倉井 敦子
潮匂ふ席をゆづられ夏休み      遠藤カオル
立山の水豊かなり青田波       森  朝子
姫川の源流に落ち青胡桃       市川十二代
早朝の涼気流れて青畳        岡崎 桂子
廃船のきしきし乾き浜昼顔      小山 和江
墓碑銘に子も夫もゐて合歓の花    篠原ノリ子
嬉しくて涙あふれてアマリリス    植西かずよ             

対岸

〒311-4311
茨城県東茨城郡城里町増井1319
TEL 029-288-3330
FAX 029-288-3330