本文へスキップ

TEL.029-288-3330

〒311-4311 茨城県東茨城郡城里町増井1319

新刊新刊

 

 

表紙絵・紅葉  久家二三子

明窓10句

きのふよりけふ明らかに虫の声   安田 青葉
逃れんと?本気なり放ちけり    山口はる江
白雲は力を溜めて夏休み      五十嵐暢子
ゆるやかな馬柵の曲線夏の雲    渡辺 美代
稲刈機顔の大きく前進す      成井  侃
すれちがふ人に海の香秋の街    谷中 鈴子
ひらひらとおわら踊りの闇に消ゆ  大森 靜江
日が沈むぎしぎし沈む大暑かな   関戸 洋子
校庭の大き朝顔児らを待つ     渡邊 公之
秋暑し水を飛ばして顔洗ふ     岡村 幸子


さきがけ30 

発電所ここにありきと滴れる     及川茂登子
見れば見る程空?の湧く樹かな    渡辺 美代
露けくて蚊の住む終の栖なり     市村喜美子
万葉の風は紫葛の花         小林恵美子
つと湖の展けて秋の風展け      安田 青葉
鳥渡り絵図に豊かな松並木      小松 道子
城跡に涼しき風の集まれり      萩原 初枝
どう包みても正体は西瓜なり     成井  侃
雲海の中よりぬつとロープウェイ   杉岡ふみ子
秋立つや書架に古りゆく立志伝    鈴木 恭子
新涼の風真つすぐに通る街      橋本ひろ子
一会とは月下美人の花ならむ     飯島きみい
嬰に似て桃の産毛は水はじく     山原美和子
山蟻の屈強の黒力石         五十嵐暢子
ころころと空?寄る辺なかりけり   坂本 京子


    

                            枯向日葵まだまだ立つてゐるつもり  佐藤 千珠
鍬先の丸き感触芋を掘る       池内 雅一
汗匂ふ子を抱きあげて象の前     岡崎 桂子
虫しぐれ刈田の闇の無限大      西野たけし
合歓の花風土記に恋の物語      関沢 洋一
兄弟のやうに固まり青胡桃      宮谷  忠
椿の実こつんと父の拳かな      加藤 清子
一向に球来ぬ外野羊雲        高橋多美江
底紅の底ひに沈み紅の色       武藤壽美江
空?のふと動きたるかと思ふ     持丸 すい
夏休み退屈さうな掲示板       森川 静栄
真つ向より日を受け進み稲刈機    神谷 孝子
空中に曲り角あり鬼やんま      谷中 鈴子
路地過る山車に横顔ありにけり    山守 拓治
迎火を風のちからも加へ焚く     関戸 洋子

対岸

〒311-4311
茨城県東茨城郡城里町増井1319
TEL 029-288-3330
FAX 029-288-3330