本文へスキップ

TEL.029-288-3330

〒311-4311 茨城県東茨城郡城里町増井1319

新刊新刊

 

 

表紙絵・紅葉  久家二三子

明窓10句

秋風や持ち上げてこそ力石      成井  侃
発つ鳩の羽裏ももいろ七五三     桜井 洋子
臼と杵湿らせて待つ秋祭       鈴木 恭子
苦瓜のずしりと重く雨あがる     秀島 千鶴
学校のポプラ風の樹二学期へ     五十嵐暢子
身辺のきれいに掃かれ菊人形     福井 隆子
梨の実を放り投げたくなりしかな   池内 雅一
日本の地図に富士山天高し      石堂摩夜子
日日草毎日咲いてなほ咲けり     井上 千代
鄙に住み熊より先に栗拾ふ      佐藤 良枝


さきがけ30 

稲架掛けの太き棒なり踏ん張れり   加藤 京子
野生児のごとく朝顔咲きのぼり    井上 千代
台風来声かん高く面一本       加藤 孝子
コスモスや隙間だらけの農具小屋   橋本 公子
どつと湧く雪虫父も母も亡し     三浦香都子
気嵐や湖面に浮かぶ阿寒富士     荒木 典子
ひつそりと運動会のうさぎ小屋    後藤 邦代
新米を食みて健康家族なり      三浦香都子
むしやむしやと食べて秋蝶必死なり  山ア 邦子
萩の花水路豊かな馬籠宿       中南 奈奈
台風の逸れますやうに星ひとつ    町田 静子
日々茫々前のみ見ゆる案山子なり   中村  恵
長し索麺さすごとく箸を入れ     末弘 京子
ダムとなるこの谷蜻蛉湧き続け    谷津 和子
新高梨捧げ?ぎたる重さかな     萩原 初枝

    

                            みどりごの大きなあくび良夜なり    小松崎博子
一村は同じ水系豊の秋         細川 惠子
キャベツ甘し海抜千の霧の村      五十嵐暢子
つづれさせ湯気噴いてゐる佃煮屋    武藤壽美江
群るるとは入る余地のなき猫じやらし  平間 裕子
沼霧のひたひた寄せて葱の列      福井 史郎
ぶら下がるゴーヤついつい太りけり   小松 道子
長坂を駆け抜け神輿納めけり      上野 泰子
初鴨の視点それぞれ異なれり      大森 靜江
蘇ることを信じて木槿落つ       林 由貴子
竹林のさはさはと鳴り無月なり     小松崎正生
あをあをと生姜を吊りて神在す     安田 青葉
郵便車の登つて行けり芒原       湯川 笑子
文机に焦げあと二つ良夜なり      安藤 芳子
五箇山の秋風通し和紙の店       山田美知子

対岸

〒311-4311
茨城県東茨城郡城里町増井1319
TEL 029-288-3330
FAX 029-288-3330