本文へスキップ

TEL.029-288-3330

〒311-4311 茨城県東茨城郡城里町増井1319

新刊新刊

 

 

表紙絵・雲仙の霧氷(花ぼうろ)  久家二三子

明窓10句

長雨の名残りの雫十三夜      浅田 浦蛙
襖入れて妹の部屋姉の部屋     福井 隆子
みづみづしき薪の切り口雪を待つ  池畠 裕子
雲仙のやうなる男鯊日和      安田 青葉
捨て鍬のしぐれて人のごとく立ち  宮谷  忠
頭振るたび鶏頭の種こぼれ     岡崎 桂子
大アマゾン切り開くごと草を刈る  小口 隆光
白鳥の浮寝の首は棒のごと     滑川 慶子
鰯雲転がつてゐる草ロール     高柳  暁
のびのびと雲の行き先秋澄めり   大嶽久留美


さきがけ30 

 秋の雨蓬莱島を遠くせり      林 由貴子
からたちの刺は痛いよ今朝の冬   後藤 邦代
恋は遥けく男体山に穂絮とぶ    栗原 梅子
文化祭魔女は紫纏ひ立ち      平間 裕子
雪吊の頂点うつくしき高さ     三浦香都子
流れつくどんぐり青し下り簗    八島 伸子
窓に置き水位定まる水中花     小松 道子
被災地にかがやく秋刀魚水揚げす  内田かつ代
菊日和流鏑馬の的宙に割れ     井川 伸子
田に水を張り白鳥を待つてをり   鈴木  勉
草の露物見櫓は宙に浮き      藤田さち子
花のみの曼珠沙華とは裸身めく   鵜狩 道子
新走りこきりこ節をとほく聞き   西山美枝子
校章の桐は憧れ文化祭       氏家ゆうき
つる引けば千切れて遠くからす瓜  矢田 弘子





              

                            懸崖菊垂るる長さを尺で言ふ    石川 敬子
東京がふるさと鰯雲太り      飯島きみい
壇上に揃ひ爽やかなる笑顔     谷村 安子
蒲の絮水湧くあたりさざ波す    大内美津子
小鳥来る富山の薬売りも来し    菊池百合子
自分だけ夢みてゐるか浮寝鳥    佐藤 芳子
背丈越す大杓文字なり豊の秋    中島 暉子
白鳥が真上を通過声残し      茂垣はるえ
ゴンドラに前うしろなし懸巣鳴く  中井 和子
鰡跳んで大河は海へ至りけり    椎名  操
沖の海苔?を引き寄せ双眼鏡    江崎 あい
新そばを打つしなやかに力満ち   桜井 筑蛙
冬近し魚のたてたる砂けむり    浜崎芙美子
誰ひとり欠けてはならず白鳥来   橋 和恵
深き谷谷底までも紅葉す      小口 隆光                                                                                                                                                                             

                                                               

対岸

〒311-4311
茨城県東茨城郡城里町増井1319
TEL 029-288-3330
FAX 029-288-3330